2010年1月31日 (日)

今時受けない「観光客向け」脚色

昨日のブログCarinaさんが書いて下さったコメント「外国向き」って日本人にもつまらないけど、外国の方にも結局つまんないんだ。を見て、まったくをもってごもっとも、と思った。これだけ国内外への観光が世界単位で行われていると、旅人達は本物を求めるようになり、不自然な演出を敏感に嗅ぎ取って回避しようとする。旅行会社がお膳立てした「面白いでしょー、きれいでしょー、いかにも○○的でしょー」といような観光は興ざめである。

日本を拠点にしていないためツアーなどに乗る機会もなく、観光名所をほとんど見ずに好き勝手なことをする(というか何もしない)旅行ばかりしている私たちだけれど、こんなこともあったっけ。アジスアベバでは近代的な建物ばかり見させられ、「すごいだろ、エチオピアだってこんな立派な建物があるんだ」的なツアーだった。カンボジアでは、どう見ても無理に即席で結成されたとしか思えない、ぎこちない民族ダンスショーを見させられたり。

Dsc01235_2 日本のはとバスの英語ツアーのパンフレットを見ても、ちょっと違和感あるよね。これって日本?って。だったら自分で地下鉄乗って、そこらへんで降りて、歩いてみたほうが面白いよね。昨日のブログで紹介した娘のクラスメートとお母さんは、良くも悪くも準備が悪いの。ガイドブックを持たず、行き当たりばったり。インターネットで大まかな見当だけつけて出かけてしまう。そこらへんで焼き芋や焼き栗やお団子の屋台を見つければ、必ず食べてみて感動している。またあちらこちらで親切な日本人に助けられて、日本が大好きになって。だからこの2年で3回も日本に行ってしまった。私は日本人だから、ここまでラフにはなれないのだけれど。右は絵馬を書く娘とクラスメートとその妹。

日本人から見れば、アニメとかジャニーズとかプリクラとか100円ショップとか、日本的に思わないかもしれないけれど、これだけ世界の人の心を掴んでいるのだから誇っていいと思うな。ちなみに原宿を、明治神宮(ひとつもプラスチックのものがなくて神経が行き届いていて感動。おごそか。そして純日本式の花嫁花婿さんが沢山見れる)→竹下通でプリクラ→クレープのおやつ→100円ショップと案内したらとーっても喜ばれたよん。

我が家の子犬は順調に育っています。1週間で体重は倍になりました。まだ目は開いていません。

Dsc03377

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 応援クリックよろしく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

AVATAR/アバターを見た

今話題の3D映画「アバター」をバンコクの映画館で観た。ディズニーランドで3Dの映像を見るアトラクションがあるけれど、あれと同じようにプラスチックの眼鏡をかけて映画を見ると、映像が立体的に見える。ストーリーは単純だけれど、映像の美しさと発想の面白さに感動した。特に生物と生物が「きずな」を結ぶやり方が興味深かった。ネタばれしないように、ここまでにしておくね。それにしてもコンピューター・グラフィックもここまでくると、もう人間の俳優なんていらなくなっちゃうのではないかと思うくらい。

環境が破壊されることにやるせなさを感じる映画なのだが、映画の後にバンコクの巨大なショッピングセンターのスーパーに行って、再びやるせなさを感じてしまった。食品の過剰包装が目について仕方なかったのだ。そしてホテルに戻って、自分の部屋の隅に積み上げられたビニール袋や紙袋の山を見てげんなり。バンコクでは「袋はいりますか」と聞かれたことは1度もなかった。そして当たり前のように袋に入れてもらっていた自分を反省することしきり。

中国の広州では、ビニール袋はすべて有料だった。どこの店も袋に入れてくれないから、ホテルの部屋にビニール袋が溜まることもなかった。こうやって習慣づけてしまえばいいのだな、と感心した。

今住んでいる国では、ごみ収集人が使えるものをより分けてリサイクルしているようだ。それだけ貧しいといえばそれまでだが、紙も段ボールも缶も瓶も「売り物」になるからだ。だから私はリサイクルできそうなものは別の袋に入れて捨てようとするのだけれど、こちらの人は「収集人が勝手により分けるから一緒でいいのよ」と言う。でもごみの中身をがさごそ見られるのって抵抗あるわよね。南米に住んでいた頃も、ごみ収集車が来る前に、家々のごみをあさる人がいた。ゴミ袋をつっついて破って中身を出してそのまま。トイレゴミがちらばっていたのを発見して泣きそうだったことも。

下左はクリスマスディナーとなったMKゴールドのタイスキ(タイ風鍋)。野菜が沢山食べれてヘルシーよん。右で完食~

Dsc05194_2

Dsc05202_3

左はセントラル・ワールド前の巨大クリスマスツリー、ものすごい人出!イブの夜はホテルの部屋でモノポリーをした。

Dsc05205

Dsc03004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

楽しいお買いもの@バンコク

私たちの住んでいる国にはバンコクのような大都会がない。だからバンコクに遊びに来る時の楽しみは、大都会の空気を吸いながらの食べ歩きと買い物。なにせ1週間「住みに」来るのだから、何も特別なことはしないの。前に住んでいたのだから、観光することもないし。

今バンコクはクリスマスを前にバーゲンシーズン!娘はセントラル・デパートのブランド、DeFry01が好き。ナチュラルな若向けカジュアルブランド。パンツはくしゃっとしていて端のところがわざと着古した感じにすり減っていたりする。シャツはすべて木綿で、着心地が良い。ここの特徴は、パンツ、キャミソール、シャツ、ベスト、どれを買っても適当に重ね着すれば決まってしまう、というところ。私にも着れそう、と白とベージュの縦縞の木綿のシャツを買ってみた。若く見える、と思う。娘と同じものというわけにはいかないけれど、私にも取り入れられそうなものがちらほらある。でしかもセントラル・デパートのチットロム店の催物会場に沢山バーゲンで出ていた!もう夢中です。娘と一緒に宝探しをしています。勤めていることもあって、最近化繊素材のワンピースなどに頼っていたのだけれど(すぐ乾くし軽いし皺にならないし)、自然素材のほうが若返ると思う。洗濯とかアイロンとかの手間はかかるけれど。

今日はクリスマスイブ。ここバンコクでもレストランは特別メニュー。結局沢山お金を払ってもあまり「おいしい」と思わない私たちは、ローカルなところでご飯を食べて、夜はホテルで家族でゲームをする予定。

タイの野良犬は、なぜか日向ぼっこが好き。暑くないの?この犬はスカイトレイン(バンコクの街中の高架を走る電車)の駅のど真ん中でお昼寝中。すごく気持ちよさそう。右はMango Tangoで食べたおやつ。マンゴプリン、マンゴアイスクリーム、そしてマンゴそのままの3点セット。おいしい!おすすめ!

Dsc02994 Dsc02986

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

日本文化進出?@バンコク

学校勤めなので、先週金曜日が仕事納めでした。昨日バンコクにやってきました。娘が小さかった頃3年間程住んでいたので土地勘もあるし、今住んでいる国ではできない外食や買い出しが出来るので、大都会の空気を吸いに毎年冬休みに1週間程「住む」感覚でやってきます。泊まるのはサービスアパートという日本で言えばお掃除つきウィークリーマンションのようなところ。

タイ人の嗜好というのは日本人に似ているな、とよく思う。だから沢山の日本人がバンコクに定住している。そしてタイの人々は食べ物でも若者の文化でもどんどん取り入れている。下左の写真はパン屋で見かけた「海苔乗せカニかまロール」。エビ天ラーメンも、エビ天カレーライス(下右)もおいしいよ。

Dsc02976_2Dsc02983_3  

下は今回セントラル・ワールドで発見したAkiba Kissという秋葉系のお店。メイドの格好をさせてもらってプリクラをとることができるし、いろいろな秋葉グッズが売られている。日本の漫画も沢山タイ語に翻訳されて売っている。

Dsc02979_2

Dsc02980_4

さてさて、夜はタイのイサーン(東北地方)料理をローカルな食堂で食べました。おいしかったー!パパイヤのサラダ(ソムタム)、鶏の唐揚げ、豚のひき肉炒め、娘にチャーハン、しめて700円くらいだった。満足満足。

Dsc02989

| | コメント (0) | トラックバック (0)