« 閑散としてしまった家 | トップページ | ラピスラズリのアクセサリー »

2010年3月25日 (木)

東南アジアの美容院事情

東南アジアの国々の多くはある程度似たような状況ではないかと思うのだけれど、一般的にローカルな美容院の料金はとても安い。この国の場合ローカルといってもいろいろなレベルがあるが、とってもローカルな場所だと洗髪は鍋で沸かしたお湯を使ったりする。一応いわゆる洗髪台はあるのだけれど、水源はバケツのお湯、という感じ。こういうところだと、ヘアカットは200~300円くらい。

外国人が行く格安美容院では、そこそこ英語が通じるけれど、どこか垢抜けない感じ。一応の施設は整っていて、マッサージやネイルもしてくれる。サービスは今一つ気が利かないし、衛生面もかなり疑問が。こういうところのカットは800円くらいかな。私はいつも自宅から近いところにある、一応英語の通じる格安美容院に行っていた。技術的にはいいとは言い難いけれど、近いしお手頃だから便利だ。シャンプー・ブローとマニキュアをしても1000円はしない。

この間メリリンのヘアカラーが気に入って、ついでにストレートパーマ(リボンディング)の話も聞いて、彼女が通う美容院に行く気になった。いわゆる外国人密度の高いビルにはいっていて、顧客の8割くらいが外国人の高級美容室である。考えてみたら、私も仕事を始める前はここに通っていたのよね。当時仲良くしていた友達が、ここのマネージャーでシンガポール人のジョーという美容師さんと親友で、彼女に紹介されてジョーさんに髪を切ってもらっていたのだ。ここでのヘアカット代は20~30ドル(急にドル表示になる!)。とにかく何から何までいい匂いなのよ。サービスも行き届いている。シャンプーの後はトニックをつけて(爽快)頭皮マッサージまでしてくれた。やっぱり高いだけのことはある(日本よりは安いけれどもね)。しばらくこういう美容院から遠ざかっていただけに、関心した。そして何と美容師さん(メリリンお気に入りのロング巻き髪のエレガントな女性)と世間話までできる!

私がやりたいヘアカラー、カット、ストレートパーマの3つをどういう順番でやっていくかということになり、本来ならストレートパーマが最初がいいらしいのだけれど(カラーがとれやすいみたいね)、私としてはどうしても伸びた根元を早急に染めたかったので、今回はカラーをして2週間後にパーマをかけることになった。最近髪の色を明るめにすると、かえって老ける気がしているのよね。だから今回はいつもより濃いめの色にしてみた。濃いアッシュブラウン。とっても幸せにいい気分になった後、お支払いの段階になって「なるほど」と妙に納得したわよ。

というわけで、サービスと快適さは値段に比例するということがよくわかったのでした。これからは幸せないい気分になれる美容室に行くことにする。もう元には戻れない

数年ぶりに行ったこの美容室、ジョーがまだいて、何と覚えていてくれた。かっこいいロマンスグレーの男になっていたわ。今日は女4人で韓国料理を食べて来た。チヂミとキムチ鍋と冷麺。おいしかったー。辛かったー。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村 応援クリックよろしく

|

« 閑散としてしまった家 | トップページ | ラピスラズリのアクセサリー »

コメント

美容院は頭をいじられるところだから、快適なサービスを受けると移りたくなりますね。

私は一度台湾で水を使わずに泡立てるという台湾式シャンプーを受けましたよ。最後は流す時にシャンプー台を使うのですが、水は顔にかかるし、荷物は持ってないと心配だし、美容院って意外に重要だなと~と実感しました。

投稿: Yottitti | 2010年3月26日 (金) 10時51分

私は実家が美容院だったので、1人暮らしを始めてからは美容院にお金を払うってのが何だか違和感があって‥‥それに慣れたら、今度は「気に入らなくてもけっこう高い」ってのが気になりましたね~。
アメリカはご存知のとおり、国民性的に雑ですから‥‥(^_^;)、サロンに行っても何かしら気に入らないことがあるとかで。
高いお金を払って、それに見合う高いチップを取られて気に入らないのはゴメンだわ‥‥と思って安いカットショップにばかり行ってたんですけど、髪の毛だらけで返されるなんてザラでしたね~。
今は、こちらの相場で行くととても高い‥‥と思うけれど、日本人の美容師さんのところへ行っています。
やっと出来上がりも気に入り、チップを払うのにも納得する店に出会えました。
でも‥‥毎回お支払いのたびに分不相応かも‥‥と思います(^_^;)。

投稿: 絹ごし豆腐 | 2010年3月30日 (火) 06時00分

Yottittiさん
本当にそう。髪をすくう時の手の触れかたでも、いやだ、って思う美容師さんいるもん。台湾式シャンプー、こちらのローカル美容室でもありますよ。ケチャップの容器みたいなのに水とシャンプー入れて、座ったまんま泡泡に。最後にシャンプー台で洗い流す式。でも外国人だと気を使って(?)最初からシャンプー台に連れていってくれたりして。

投稿: 直子 | 2010年3月30日 (火) 12時32分

絹ごし豆腐さん
ご実家が美容室だと、プロの目で見てしまいますよね。いいな、実家が美容室♪ やはりチップは満足して始めて払いたいですよね。その点日本は楽だよなー、明朗会計。私はイギリスにいた時もウルグアイにいた時も、中国人や日系人のお店に行っていた。髪質が違うからね。アラブにいた時、現地の散髪屋は夫の固い直毛に悩まされていたわよ。あっちの人はウェーブがあるから、手ぐしでぱぱっと決まっちゃうのよね。

投稿: 直子 | 2010年3月30日 (火) 12時36分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東南アジアの美容院事情:

« 閑散としてしまった家 | トップページ | ラピスラズリのアクセサリー »